骨盤矯正は何に効果があるの?

質問に対する正しい答えにはなりませんが、
骨盤矯正は
「骨盤のゆがみが原因で生じるさまざまな体の不具合に、効果があると言われている」
といえます。
人間が二足歩行で生活するようになって以降、
さまざまな病気の根源は背骨(脊髄と脊髄神経を保護している骨のこと)にあると言われています。
この背骨の土台になっているのが骨盤です。
人体の土台である骨盤にズレが生じると大黒柱である背骨もゆがみ、
体全体を支配している神経を圧迫するようになります。
そのことで体のいたるところで痛みが出たり血行不良や自律神経の働きが悪くなったりするなどして、
次のような不具合を発症するとされています。
股関節が骨盤とつながっていることで、
O脚やX脚の原因になる。
血行不良によって代謝が下がり、
痩せにくく太りやすい体質になったり生理不順になったりする。
肩こり、腰痛、手足のしびれ、頭痛などを引き起こす。

骨盤のゆがみで腹腔が圧迫され、
腸の蠕動が妨げられて便秘になりやすい。
ガスを生じさせやすくなり、腹部に膨張感が生じる。
下腹部分に圧迫感が生じて、頻尿につながる。
骨盤や背骨がゆがむと平行感覚が失調し、
めまいを起こす可能性が高まる。
骨盤ゆがみは背骨のゆがみにつながり、
自律神経失調症を起こすリスクを高める。
まだまだありますが、こうした症状に改善効果があるとされているのが骨盤矯正です。
骨盤矯正が近年注目を集めはじめたのは、そのダイエット効果でした。
骨盤がゆがむと血行不良で代謝が下がることで痩せにくく太りやすい体質になりますが、
骨盤を矯正すると血行を良くして代謝力を高めることからダイエットにつながる、
といううたい文句が多くの女性に支持されたと言われています。