骨盤矯正には効果がない?

ネット上には「骨盤矯正の有効性」を述べたサイトが多数みられますが、]
サイトのなかには「骨盤矯正には効果がない」とするものも少なくありません。
ここでは「骨盤矯正には効果がない」とする考え方の一つを紹介しておきます。
骨盤矯正には効果がないとする考え方では、
「骨盤はそのものが勝手にゆがむのではなく骨盤につながる筋肉が骨盤をゆがめる原因になっているので、
この筋肉を矯正しなければ一般に骨盤のゆがみが原因と言われている症状は改善できない」としています。
骨というのは筋肉によってつながれていますから、
悪い姿勢を続けていると筋肉が拘縮(筋肉や関節周囲の軟部組織が伸縮性を失って固くなり、
その結果関節の動きが悪くなる状態)を起こします。
その縮んだ硬い筋肉が、つながっている骨を引っぱることで骨が正常の位置からズレが生じてしまうのです。
骨盤のゆがみもこうした理由で引き起こされるのですから、
「骨盤矯正を行って骨盤を正常な位置に矯正できても、
筋肉の拘縮が改善されないのであれば施術後短時間で骨盤はまたゆがんでしまう」というのです。
また、骨盤のゆがみが原因と考えられている骨盤周辺に発症する腰痛の「痛み」についても、
骨盤のゆがみによる痛みではなく拘縮した筋肉の痛みであるともいいます。
こうしたことから、骨盤を本来の位置に矯正するだけの骨盤矯正には効果はなく、

拘縮した筋肉をゆるめるための整体をその筋肉に直接的に行うことで高い効果が得られるとの考え方です。
「骨盤矯正には効果がない」という表題で述べられている考え方の一つですが、
骨盤矯正を否定したものではなく、
骨盤の位置だけではなく骨盤周辺の拘縮した
筋肉をゆるめる必要性に重点をおいた考え方と言うべきと思われます。
草加で人気の高い整骨院はこちら