産後に骨盤矯正をすべきか

「産後に骨盤矯正をすべきか」という質問に対しては、
「病院での治療で産後の体の不具合が改善しない場合は、
医師と相談のうえ骨盤矯正の施術を受けてみてはいかがでしょう」
とお答えしておきます。

 

妊娠すると、
骨盤の関節をゆるめて開かせることで産道を広げ作用のある
「リラキシン」というホルモンが分泌されます。
このホルモンのおかげで、
出産の際には胎児が産道をとおりやすくなるのです。
妊婦は、リラキシンで骨盤の関節がゆるくなっているうえ
胎児や妊婦自身の体重増加による負担で、
骨盤底筋という骨盤を下から支えている
筋肉(肛門や尿道を締める役割のある筋肉)に負担がかかり、
それを弱くしてしまいます。
骨盤底筋が弱ると骨盤を支える力が弱くなりますので、
骨盤は広がりやすいうえにゆがみやすくなりますし尿漏れなどもしやすくなるのです。

 

産後の骨盤矯正の必要性を主張する整体師などは、
骨盤のゆがみは腰痛・肩こり・冷え性などさまざまな不具合の原因になっていることから、
骨盤のゆがみを矯正して本来の位置に戻すことで不具合を改善できると考えているのです。
しかし、骨盤のゆがみに原因すると主張している産後の不具合は、
医学的に確認されているわけではありませんし、
骨盤矯正の施術方法が確立されているわけでもありません。
そうしたこともあって、
骨盤矯正の施術は整体師自身の経験や理論にもとづいて
さまざまな方法で行われているのが現状です。
病院での治療で産後の不具合を改善できない方は、
「整体は医療制度からは
補完代替医療・法制度からは医業類似行為」
ということを理解したうえで骨盤矯正を受けることが必要です。